ページ内を移動するためのリンクです

To Be a Good Company

イーデザイン損保 東京海上グループ

事故受付センター事故のご連絡

ロードサービス故障などのご連絡

車両保険の必要性

車の修理費は高額になるケースもあるため、当社では車両保険への加入をおすすめしています。
ここでは「車両保険はどんなときに役に立つの?」「どんな場合に車両保険をつけたほうがよいの?」などの疑問にお答えします。

こんな場合に補償します

ご契約されているお車に損害が生じた場合に、修理費などを補償します。

(例)

お客さまの体験談

実際に車両保険を使ったお客さまの体験談を見てみましょう。

電柱に衝突した

ヘッドランプなどが破損して修理費に15万円かかりましたが、車両保険で補償されました。

お客さまのお車の損害額
15万円
車両保険のお支払い金額
15万円
車両保険がついていないと…
15万円は自己負担となります

なお、電柱の修理費は、対物賠償責任保険で補償されます。

  • 車両保険金額120万円、免責金額0万円の場合

他のお車に衝突した

青信号で交差点に進入して右折する際に、直進してきた相手方のお車と衝突。フロント部分が破損して修理費に50万円かかりました。
過失割合がお客さま:80%、相手方:20%だったので、相手方の自動車保険から10万円支払われました。
残りの40万円は、車両保険で補償されました。

お客さまのお車の損害額
50万円
相手方の自動車保険から
10万円
車両保険のお支払い金額
40万円
車両保険がついていないと…
相手方の自動車保険から10万円
残り40万円は自己負担となります

なお、相手方のお車の修理費のお客さまの過失割合分は、対物賠償責任保険で補償されます。

  • 車両保険金額120万円、免責金額0万円の場合

みんなはどうしてる?

当社契約者のうち、約7割の方が車両保険をつけています。

車両保険の付帯率

あり53% あり(エコノミー)19% 付帯合計72% なし28%
(2016年度当社契約データより)

車両事故に関するデータ

車両事故は、自動車事故のなかでも多く起きる事故です。自動車保険をご契約いただくにあたり、現状を知っておきましょう。

車両保険の対象となる事故はどれくらい?

当社で受け付けた事故のうち、約7割が車両保険の対象となる事故です。事故が起こった場合、ご自身のお車に損害が出るケースが多いといえます。

車両保険の対象となる事故72.0%
(2016年度当社事故データより)

どんな事故が多いの?

最も多いのが「お車との衝突」で、半数以上を占めます。次いで「単独事故」「火災・台風・飛来中の物との衝突など」と続きます。

お車との衝突56.9% 単独事故27.0% 火災・台風・飛来中の物との衝突など10.8% 当て逃げ3.0% 盗難0.5% 転覆・墜落0.2% その他1.6%
(2016年度当社事故データより)

損害額はどれくらい?

車両の損害額は「10万円以上50万円未満」が最も多く、約4分の3を占めます。また、50万円を超える高額な損害となるケースも約15%発生しています。

0〜10万円未満7.6% 10万円以上50万円未満76.5% 50万円以上100万円未満13.2% 100万円以上2.7%
(2016年度当社事故データより)

車両保険は加入したほうが良いの?

当社では、車両保険への加入をおすすめしています。
お車は安くない買い物であり、また毎日の通勤・通学、買い物などにお使いのお客さまにとっては特に欠かせないものです。大切なお車を守るために、ぜひ加入をご検討ください。
ただし、お客さまの状況によっては、加入を迷われる方もいらっしゃると思います。
お客さまの状況別に、付帯率や考え方についてご紹介します。

当ページは自動車保険の概要を説明しています。保険金のお支払い条件、ご契約手続き、その他の詳しい内容は「自動車保険のしおり・約款」「重要事項説明書」をご覧ください。なお、内容に関するお問い合わせ、ご相談につきましては、当社お客さまサポートセンターまでお気軽にお問い合わせください。

電話でのお見積もり・お問い合わせ
0120-098-035

平日:9:30〜20:00 
土・日・祝日:9:30〜18:00(年末年始を除く)