ページ内を移動するためのリンクです

To Be a Good Company

イーデザイン損保 東京海上グループ

事故受付センター事故のご連絡

ロードサービス故障などのご連絡

自動車重量税

自動車重量税についてご説明します。

自動車重量税とは

新規登録や、車検の際に納付する税金

「自動車重量税」とは、自動車の新規登録(軽自動車の場合は新規検査)や、車検(自動車検査登録制度)の際に、車検証の有効期間分をまとめて納付する税金です。
納付のタイミングは、具体的には以下のようになります。

自動車重量税の計算方法

自家用乗用車(軽自動車以外)の場合は、車両の重さによって額が変わり、車両重量0.5トンごとに年間4,100円を納付します。
自家用乗用車(軽自動車)の場合は、車両の重さにかかわらず定額で、年間3,300円を納付します。

また、新車登録から13年目、18年目のタイミングで、税額が上がることも覚えておきましょう。自家用乗用車(軽自動車以外)では、13〜17年目は車両重量0.5トンごとに年間5,700円、18年目以降は車両重量0.5トンごとに年間6,300円となります。自家用乗用車(軽自動車)でも、13〜17年目は定額で年間4,100円、18年目以降は年間4,400円となります。

一例として、車両重量1.1トンの自家用乗用車(軽自動車以外)で、新車登録から5年が経過している場合を考えてみましょう。新車登録から12年以内ですから、0.5トンごとの税額は年間4,100円のグループです。そこに車両重量1.1トン分を反映させると、4,100円×3=12,300円が1年間分の自動車重量税となります。新車登録から5年経過時の車検有効期間は2年なので、12,300円×2年分=24,600円を車検時に納付することになります。

自動車重量税の優遇措置について

環境性能に優れるエコカーでは、減税等の優遇措置も

自動車取得税同様、自動車重量税にも、環境性能に優れた「エコカー」については優遇措置が設けられています。平成30年4月30日までに新車登録を行うと、燃費基準の達成度合に応じて「25%減税」「50%減税」「75%減税」「100%減税」の4段階で減税または全額免除が認められています。また、新車登録時に自動車重量税を全額免除された車両は初回車検時にも全額免除となるのも、特筆すべき点といえるでしょう。

自動車重量税に関する注意点

車検期間の途中で廃車にする際には、注意が必要

自動車重量税に関しては、ひとつ注意点があります。自動車重量税は3年分、あるいは2年分を前払いで納付することになるため、車検期間の途中で廃車にした場合には、払い過ぎの状態が生じてしまいます。
もちろん、車検の残り期間に相当する税金は還付されますが、還付を受けるには、自動車リサイクル法に基づいて適正に解体されたものでなければならない等の条件を満たし、申請手続も必要です。買取業者や販売店などに確認しながら、忘れずに手続きを行うようにしましょう。
なお、事故で全損等になって保険金請求をされる場合は、当社の担当者にご相談ください。

(記載した情報は、2017年12月時点の内容です)
■監修:All About「税金」ガイド・田中卓也

電話でのお見積もり・お問い合わせ
0120-098-035

平日:9:30〜20:00 
土・日・祝日:9:30〜18:00(年末年始を除く)