ページ内を移動するためのリンクです

To Be a Good Company

イーデザイン損保 東京海上グループ

事故受付センター事故のご連絡

ロードサービス故障などのご連絡

自動車保険(任意保険)で受け取った保険金に税金はかかるの?

自動車保険(任意保険)で受け取った保険金の扱いについて、ご説明します。

自動車保険(任意保険)で受け取った保険金に税金はかかるの?

自賠責保険とは別に加入した自動車保険(任意保険)で、自動車事故の損害を補償するために受け取った保険金には原則、税金はかかりません。
ただし、傷害保険の死亡保険金のみ例外で、相続税、贈与税、所得税のいずれかの対象になります。

受け取った保険金に対して所得税はかからない

個人が得た収入には所得税がかかりますが、通常、年内に得た収入によって利益が出た場合のみ、所得税を納める義務が発生します。自動車保険で受け取った保険金は、個人の収入と考えられるものの、あくまでも事故による損害の補償であり、受け取った人の利益にはなりません。つまり、自動車事故による保険金に所得税はかからないのです。一般的に、自動車保険は、相手方への補償である「賠償保険」、お車によるケガの補償である「傷害保険」、お車の補償である「車両保険」の3つに分けられますが、いずれも利益とは考えられないので所得税がかかることはありません。
ただし、個人が事業に使用している自動車が加入している自動車保険から保険金を受け取ったというような場合には「雑収入」に計上し、所得税の対象となります。

傷害保険で受け取った死亡保険金には税金がかかる

自動車保険で受け取った保険金には原則として税金がかかりませんが、傷害保険による死亡保険金のみ例外で、相続税、贈与税、所得税のいずれかの対象になります。
(例)

相続税の対象になるケース
保険料を支払っていたのが亡くなった被保険者で、保険金の受取人が妻や子供といった相続人である場合。
贈与税の対象になるケース
保険料を支払っていたのが亡くなった被保険者の子供など第三者で、保険金の受取人が妻など別の第三者である場合。
所得税の対象となるケース
保険料を支払っていた人自身が、保険金を受け取った場合。
自身が負担していた保険料以上に保険金を手にした場合、保険という商品を通じて儲けたということになるので、その保険金は一時所得となり、金額に応じて所得税の対象となるので注意が必要です。

(記載した情報は、2017年12月時点の内容です)
■監修:All About「税金」ガイド・田中卓也

電話でのお見積もり・お問い合わせ
0120-098-035

平日:9:30〜20:00 
土・日・祝日:9:30〜18:00(年末年始を除く)