自動車保険 節約するなら、イーデザイン損保! 土屋太鳳の保険料節約のポイント

節約ポイント1「インターネット申し込み」で節約!
各種割引について 節約ポイント2「早期申し込み」で節約!
節約ポイント3「あなたにぴったりの補償内容」で節約!
  • 補償される運転者の範囲
    運転者限定特約:補償される「運転者の範囲」を限定することで、保険料を節約できます。誰がお車を運転するかをご確認のうえ、「運転者限定特約」をお選びください。
  • お車によるケガの補償
    人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険:ご自分や同乗者のケガの補償には、「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」があります。お車によるケガの補償は、実際の損害額を補償する「人身傷害補償保険」を中心に考え、予算に応じて「搭乗者傷害保険」もお選びください。 人身傷害補償保険の補償範囲:様々なリスクに備えた「人身傷害補償保険」と補償範囲を限定した「搭乗中のみの人身傷害補償保険」の2タイプがあります。補償範囲の違いをご確認のうえ、予算に応じてお選びください。
  • お車の補償
    車両保険のタイプ:様々なリスクに備えた「車両保険」と補償範囲を限定した「エコノミー車両保険」の2タイプがあります。補償範囲の違いをご確認のうえ、予算に応じてお選びください。 車両保険の免責金額:免責金額とは、事故により保険金を請求された際に、お客さまに自己負担していただく金額のことです。予算に応じて5つのパターンからお選びください。
  • (ご家族でお車を複数お持ちの場合)補償の重複
    「人身傷害補償保険」または「ファミリーバイク特約」は、同居のご家族内などでお車を複数お持ちの場合、補償が重複することがあります。補償内容を確認し重複をなくすことで、保険料を節約できます。 人身傷害補償保険:右図のケース(例1)は、歩行中の事故などで補償が重複します。2台目のお車の補償内容を「搭乗中のみの人身傷害補償保険」にすることで補償の重複がなくなり、保険料を節約できます。 ファミリーバイク特約:右図のケース(例2)は、原動機付自転車を運転中の事故などで補償が重複します。2台目のお車の補償内容を「ファミリーバイク特約なし」にすることで補償の重複がなくなり、保険料を節約できます。
  • ワンポイントアドバイス:相手方への補償
    対人賠償責任保険・対物賠償責任保険は、節約せずに「無制限」がおすすめ:対人を死傷させた場合では、裁判で高額な賠償額が認定されることがあります。そんな場合でもお客さまにご安心いただけるよう、イーデザイン損保では対人賠償責任保険はすべて「無制限」に設定しています。対物賠償責任保険についても、相手の車や信号機、店舗などのモノに損害を与えた場合、高額な賠償額になる可能性がありますので、節約せずに「無制限」に設定されることをおすすめします。
さらに更新時には・・・イーデザイン損保だからできる、おトクで合理的な割引制度 業界唯一※「無事故割引」+「継続割引」で最大5.0%割引
さっそくお見積もり 個人情報不要! カンタン入力 お見積もりをすると「節約ポイント」を加味した保険料がわかります!
加入をご検討中の方 0120-098-035
ご契約者の方 0120-098-040

当ページは自動車保険の概要・補償イメージを説明しています。
保険金のお支払い条件、その他の詳しい内容は「自動車保険のしおり・約款」「重要事項説明書」をご覧ください。