ページ内を移動するためのリンクです

よくあるご質問

2台目の車を購入して自動車保険を契約するにあたって、注意事項を教えてください。

「人身傷害保険」「ファミリーバイク特約」「個人賠償特約」について、補償内容が同様の保険契約が他にある場合(※1)、補償が重複することがあります。
補償内容を見直すことで保険料を安くできる可能性がありますので、以下をご確認ください。

※1 当社以外の保険契約を含みます。

 

「補償が重複する」とは?

  • 同居のご家族内などで複数の保険契約がある場合、補償が重複することがあります。
  • 補償が重複すると、お支払いいただく保険料が無駄になる可能性があります。

 

  

  

ご契約にあたっての注意事項

補償が重複する場合は、以下の例を参考に、補償の範囲・補償の対象となる方・保険金額をご確認のうえ、補償内容を決定してください。
なお、補償の範囲などは保険会社により異なる場合があります。

 

(例)

■人身傷害保険

補償の対象となる方が、ご契約のお車以外のお車に乗車中や歩行中に自動車事故にあった場合、補償が重複(※2)することがあります。

上記の場合、2台目のお車の人身傷害保険を「人身傷害保険(搭乗中のみ)」(※3)に変更することで、補償は重複しません。


※2 1台目・2台目の保険金額がいずれも「無制限」でない場合、2つの保険金額の合計額を限度に保険金をお支払いします。合計額までの補償をご希望の場合は「人身傷害保険(搭乗中のみ)」に変更せずにご契約ください。
※3 人身傷害の被保険自動車搭乗中のみ補償特約をつけた人身傷害保険をいいます。

 

■ファミリーバイク特約

補償の対象となる方が、所有・使用・管理する原動機付自転車に乗車中に事故にあった場合、補償が重複することがあります。 

上記の場合、2台目のお車のファミリーバイク特約を「付帯なし」に変更することで、補償は重複しません。

 

■個人賠償特約

補償の対象となる方が、日常生活の事故により、他人を死傷させたり他人の財物を壊したりした場合、補償が重複(※4)することがあります。 

上記の場合、2台目のお車の個人賠償特約を「付帯なし」に変更することで、補償は重複しません。

※4 1台目・2台目の保険金額がいずれも「無制限」でない場合、2つの保険金額の合計額を限度に保険金をお支払いします。当社の「個人賠償特約」は保険金額が「1事故につき1億円」のため、1台目・2台目ともに当社で契約している場合、2つの保険金額の合計額(1事故につき2億円)を限度に保険金をお支払いします。合計額までの補償をご希望の場合は「付帯なし」に変更せずにご契約ください。

 

(注)
・上記のとおり補償が重複しないように変更した場合、1台目のお車の自動車保険を解約したときや、同居から別居への変更により補償の対象となる方が変更になったときなどは、補償がなくなりますのでご注意ください。
・無保険車事故傷害保険、弁護士費用等保険および他車運転危険保険についても補償が重複することがありますが、これらはすべての契約に自動付帯のため、外して契約いただくことはできません。



「人身傷害保険」「ファミリーバイク特約」「個人賠償特約」について、補償内容が同様の保険契約が他にある場合(※1)、補償が重複することがあります。
補償内容を見直すことで保険料を安くできる可能性がありますので、以下をご確認ください。

※1 当社以外の保険契約を含みます。

 

「補償が重複する」とは?

  • 同居のご家族内などで複数の保険契約がある場合、補償が重複することがあります。
  • 補償が重複すると、お支払いいただく保険料が無駄になる可能性があります。

 

  

  

ご契約にあたっての注意事項

補償が重複する場合は、以下の例を参考に、補償の範囲・補償の対象となる方・保険金額をご確認のうえ、補償内容を決定してください。
なお、補償の範囲などは保険会社により異なる場合があります。

 

(例)

■人身傷害保険

補償の対象となる方が、ご契約のお車以外のお車に乗車中や歩行中に自動車事故にあった場合、補償が重複(※2)することがあります。

上記の場合、2台目のお車の人身傷害保険を「人身傷害保険(搭乗中のみ)」(※3)に変更することで、補償は重複しません。


※2 1台目・2台目の保険金額がいずれも「無制限」でない場合、2つの保険金額の合計額を限度に保険金をお支払いします。合計額までの補償をご希望の場合は「人身傷害保険(搭乗中のみ)」に変更せずにご契約ください。
※3 人身傷害の被保険自動車搭乗中のみ補償特約をつけた人身傷害保険をいいます。

 

■ファミリーバイク特約

補償の対象となる方が、所有・使用・管理する原動機付自転車に乗車中に事故にあった場合、補償が重複することがあります。 

上記の場合、2台目のお車のファミリーバイク特約を「付帯なし」に変更することで、補償は重複しません。

 

■個人賠償特約

補償の対象となる方が、日常生活の事故により、他人を死傷させたり他人の財物を壊したりした場合、補償が重複(※4)することがあります。 

上記の場合、2台目のお車の個人賠償特約を「付帯なし」に変更することで、補償は重複しません。

※4 1台目・2台目の保険金額がいずれも「無制限」でない場合、2つの保険金額の合計額を限度に保険金をお支払いします。当社の「個人賠償特約」は保険金額が「1事故につき1億円」のため、1台目・2台目ともに当社で契約している場合、2つの保険金額の合計額(1事故につき2億円)を限度に保険金をお支払いします。合計額までの補償をご希望の場合は「付帯なし」に変更せずにご契約ください。

 

(注)
・上記のとおり補償が重複しないように変更した場合、1台目のお車の自動車保険を解約したときや、同居から別居への変更により補償の対象となる方が変更になったときなどは、補償がなくなりますのでご注意ください。
・無保険車事故傷害保険、弁護士費用等保険および他車運転危険保険についても補償が重複することがありますが、これらはすべての契約に自動付帯のため、外して契約いただくことはできません。



参考になりましたか?