To Be a Good Company

事故受付センター
事故のご連絡

ロードサービス
故障などのご連絡

自動車お役立ちコラム消費税増税と自動車取得税の2段階廃止とは?

2019年11月1日
(2018年2月16日)

消費税増税と自動車取得税の2段階廃止とは?

自動車を購入し、保有するためには、さまざまな税金を納付しなければなりません。特に自動車を購入する際には、自動車取得税と消費税という、趣旨の似通った税金を2種類納付しなければならないため、その負担と不合理性に疑問を感じる人もいたのでないでしょうか。

自動車取得税は、消費税増税とともに廃止

自動車の購入時には消費税がかかりますが、自動車取得税と二重課税ではないかという点が問題視されていました。そこで、消費税8%への増税を機に、自動車取得税が減税され、さらに消費税が10%に上がる2019年10月1日には自動車取得税は廃止されました。

消費税8%への増税時から2019年9月30日までの自動車取得税の税率は、自家用自動車(軽自動車を除く)が3%、軽自動車は2%でした。それ以前は各々5%、3%だったので、自動車取得税は確かに減税されていましたが、消費税が5%から8%に増税された分を含めると、トータルでの税の負担はむしろ増していました。

2019年10月1日の消費税の増税により、税率が現在の8%から2%の引き上げとなりますが、自動車取得税の廃止により、自家用自動車(軽自動車以外)の自動車取得税は3%からゼロに、軽自動車の自動車取得税も2%からゼロになりました。

自動車取得税廃止後に導入された「環境性能割」って何?

消費税10%への増税に伴いに自動車取得税が廃止された一方で、同時に新たな税制が導入されました。それが「環境性能割」です。課税される対象は自動車と軽自動車で、中古車も課税対象である点、自動車を購入する際に納める点などは自動車取得税と変わりありません。
異なるのは、購入する自動車の環境性能次第で、税率が変動するところです。環境負荷軽減に応じて、税率が非課税、1%、2%、3%の4つに区分されます。電気自動車や燃料電池自動車などの次世代自動車は非課税です。なお、導入から1年間(2019年10月1日〜2020年9月30日)に限り、税率が1%軽減されます。

■環境性能割の税率

環境性能割の税率表
  • 「電気自動車等」は、登録車の場合は電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車(平成30年排出ガス規制適合(3.5t以下の自動車)又は平成21年排出ガス規制からNOx10%低減達成車)、プラグインハイブリッド車及びクリーンディーゼル車(平成30年排出ガス規制適合又は平成21年排出ガス規制適合)であり、軽自動車の場合は電気軽自動車及び天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス規制適合又は平成21年排出ガス規制からNOx10%低減達成車)である(以下同じ)。
  • ★★★★:平成30年排出ガス規制からNOx50%低減達成車又は平成17年排出ガス規制からNOx75%低減達成車(以下同じ)。
  • 「2020年度燃費基準+○%達成車」は、エネルギーの使用の合理化等に関する法律(以下「省エネ法」)に基づき設定された、2020年度を目標年度とする自動車の燃費目標基準を○%以上達成している自動車(以下同じ)。
  • 「2020年度燃費基準達成車」は、省エネ法に基づき設定された、2020年度を目標年度とする自動車の燃費目標基準を達成している自動車(以下同じ)。
  • 「2015年度燃費基準+10%達成車」は、省エネ法に基づき設定された、2015年度を目標年度とする自動車の燃費目標基準を10%以上達成している自動車。
  • 「自動車の2019年2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります 環境性能割の税率(乗用車の例)」(総務省)を基に作成

環境性能割について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。
⇒自動車税環境性能割

エコカー減税は期間を延長して続いていますが、適用される燃費基準等は厳格化されてきています。また、新車登録(軽自動車の場合新規登録)から長い年数を経過した環境負荷が高い自動車については、重い税負担を求められる傾向にあります。自動車を購入する際は、各種税金の動向やエコカー減税に加えて、経過年数の長い車に対する増税の動向なども見ながら、クルマ選びをするとよいでしょう。

(記載した情報は、2019年10月時点の内容です)

監修:All About「税金」ガイド・田中卓也

■監修:All About「税金」ガイド・田中卓也

田中卓也税理士事務所代表。税理士・CFP・岡山商科大学非常勤講師。各種セミナーでの講演活動や講師、執筆活動にも力を注ぐ。

保険開始日によって内容が異なる場合があります。
詳細は「自動車保険のしおり・約款」「重要事項説明書」をご覧ください。

電話でのお見積もり・お問い合わせ
0120-098-035

平日:9:30〜20:00 
土・日・祝日:9:30〜18:00(年末年始を除く)