To Be a Good Company

事故受付センター
事故のご連絡

ロードサービス
故障などのご連絡

初めての自動車保険、保険料の相場はいくら?
〜仕組みを知って、賢く契約しよう〜

コラム029画像

車を購入したら、必ず入っておきたい任意の自動車保険。しかし保険料の相場がわからず、「予算をいくらにしておけば良いかわからない」「自分が選ぼうとしている保険料が相場より安いのか高いのかわからない」など悩んでいませんか?ここでは、初めての自動車保険の保険料はいくらが相場なのか、また保険料を安くする方法もあわせてご紹介します。

自動車保険はどんな仕組み?

まずは自動車保険の仕組みについて知っておきましょう。自賠責保険と自動車保険の違いや、それぞれの補償内容について解説します。

自賠責保険と自動車保険

自動車に関する保険には、車を所有・運転するうえで法律により加入が義務付けられている「自賠責保険(強制保険)」と、加入は任意である「自動車保険(任意保険)」があります。
自賠責保険は、ディーラーや整備工場などで車検を受ける際、検査料金などとあわせて保険料も請求され、同時に加入することが一般的です。
一方、自動車保険はご自身で申し込む必要があります。ディーラーなどの保険代理店を通じて代理店型自動車保険を申し込むか、またはWebサイトなどを通じてネット自動車保険の申し込みを行いましょう。

自賠責保険と自動車保険の補償内容の違い

自賠責保険と自動車保険は補償内容にも違いがあります。自賠責保険は交通事故による被害者を救済するための保険であり、被害者のケガや死亡、後遺障害など、対人賠償部分のみの補償となります。

補償額は、最高額4,000万円(後遺障害の場合)であり、補償内容は十分ではありません。加入も補償内容も法律で決められている保険ですので、補償内容を手厚くしたいと考えても、自賠責保険の内容を変更することはできません。

一方、自動車保険においては、契約者が自由に補償内容を決めることができます。自賠責保険の上乗せ補償として、被害者への補償だけではなく、運転者や搭乗者のケガの補償、ご自身のお車の補償までカバーすることができます。補償の範囲を広げると保険料の負担も増えますが、できるだけ手厚い内容にして加入しておきましょう。

自賠責保険と自動車保険の補償の範囲

自賠責保険の保険料

自賠責保険は、車種と保険期間によって保険料が定められています。なお、どの保険会社で契約しても金額は変わりません。ここでは、自家用乗用自動車と軽自動車(検査対象車)の保険料を紹介します。

自賠責保険の保険料例(2017年4月1日以降始期契約の場合)

自賠責保険は車検期間とあわせて加入する必要がありますので、保険期間については車検を依頼する整備工場やディーラーに相談しましょう。

自動車保険の保険料を決めるポイント(項目)は?

自動車保険の場合は、「どのような補償内容にするか」だけではなく、さまざまな項目によって保険料が変わります。自動車保険の保険料を決める主な3つのポイントを見てみましょう。

前契約の事故の有無

前契約の事故の有無、また件数や種類などにより、自動車保険の等級が決まります。この等級により保険料が変わります。
等級は1等級から20等級まであり、等級によって保険料の割増引率が異なります。一番保険料が安くなるのは20等級です。初めて自動車保険に加入するお車の場合は原則として6等級となり、6等級の割引率で保険料が算出されます。

お車の条件

契約されているお車の車種や型式によって保険料は変わります。また、自家用普通乗用車・自家用小型乗用車・自家用軽四輪乗用車の場合は、お車の型式ごとに料率クラスが設定されており、それによって保険料が算出されます(型式別料率クラス制度)。
なお、走行距離によって保険料を変えている保険会社もあります。走行距離が短いほど事故発生率は低くなるため、保険料が安くなります。

主に運転される方の条件

契約されているお車を主に運転される方の年齢や、運転免許証の色などによっても、保険料は変わります。
また、補償される運転者の範囲によっても保険料は変わります。例えば、運転者の範囲を「夫婦」に限定すると、主に運転される方とその配偶者のみが補償の対象となり、運転者の範囲を限定しない場合と比較して、保険料は安くなります。
同様に、運転者年齢条件を設定することによっても保険料が変わります。例えば、「30歳以上補償」とすると、補償の範囲が限定されるため保険料は安くなります。

イーデザイン損保の保険料が決まるポイント(項目)についての詳細は、こちらからご覧ください。

年代別の自動車保険料例

前述のとおり、自動車保険の保険料は様々な条件によって変わります。ここでは、主に運転される方の年齢を例にとり、イーデザイン損保の保険料例をお見せしましょう。

年代別の自動車保険料例

上記保険料の算出条件

  • 運転免許証の色:10代の場合、グリーン 10代以外の場合、ブルー
  • 使用目的:主に日常・レジャー
  • 主な使用地:宮城県
  • 運転者限定特約:運転者本人限定
  • 運転者年齢条件:10代の場合、年齢問わず補償 20代の場合、@21歳以上補償A26歳以上補償 30代・40代の場合、30歳以上補償
  • 前年走行距離:―(新規適用区分:新規契約区分)
  • 料率クラス:車両8対人9対物9傷害10
  • 等級:10代の場合、6A等級 20代の場合、@6B等級A6C等級 30代・40代の場合、6E等級(いずれも事故有係数適用期間:0年)

【補償内容(保険金額など)】

  • 対人賠償:無制限
  • 対物賠償:無制限
  • 対物超過修理費用:あり
  • 人身傷害:3,000万円(搭乗中のみ)
  • 搭乗者傷害:1,000万円      

(車両保険ありの場合:●車両保険:145万円 ●車両保険免責金額(1回目-2回目以降):5-10万円 ●車両全損時諸費用:あり)

  • 弁護士費用:300万円
  • インターネット割引:あり

【その他の算出条件】

  • 主に運転される方(記名被保険者):10代の場合、18歳 20代の場合、@21歳A26歳 30代の場合、32歳 40代の場合、42歳
  • 用途・車種:自家用普通乗用車
  • 初度登録年月:平成26年1月
  • 保険開始日(始期日):2020年10月1日
  • 保険期間:1年間
  • 前契約事故:―
  • 前契約保険会社:―
  • 払込方法:一時払
  • 表示の保険料は、保険開始日が2020年10月1日のイーデザイン損保における保険料です。
    商品改定などにより、保険料が変更となる場合があります。

このように、10代・20代などの若年ドライバーは特に保険料が高くなる傾向にあります。主に運転される方の年齢だけでなく、運転者年齢条件を設定できない、または保険料が高い条件(21歳以上補償など)になることが影響しています。

保険料を安くする方法は?

見ていただいたように、若い方の保険料はどうしても割高になってしまいますが、自賠責保険だけでは補償が不十分なため、いざというときへの不安が拭えません。保険料の負担は大きくなりますが、任意の自動車保険には必ず加入しておきましょう。

保険料を抑えたい場合は、次のような方法を検討してみてはいかがでしょうか。

ネット自動車保険を検討する

パソコンやスマートフォンから見積もり・申し込みができるネット自動車保険は、代理店型自動車保険よりも一般的に保険料が安く設定されています。
ネット自動車保険の特徴を知りたい方は、こちらをご覧ください。

各種割引を活用する

新車割引、自動ブレーキ割引など、多くの保険会社で導入されている割引のほか、ネット自動車保険にはインターネット割引、早期申し込みによる割引、保険証券不発行割引など、様々な割引があります。うまく活用すると保険料を抑えることができるでしょう。
イーデザイン損保の割引については、こちらでご覧いただけます。

等級制度を賢く活用する

親族と同居している方は、自動車保険の新規加入時にセカンドカー割引が利用できるかもしれません。セカンドカー割引は、同居の親族が11等級以上の保険契約を持っているなどの条件を満たす場合に適用され、新規加入時の等級が6等級ではなく7等級になります。1等級上がった分、同じ補償内容でも保険料が安くなります。
詳細はこちらのコラムをご覧ください。
⇒2台目以降の自動車保険を節約する方法 〜セカンドカー割引を解説〜

また、こちらも親族と同居している方に限られますが、車両入替と等級の引き継ぎを行うことで保険料を安くすることができます。引き継ぐ保険の等級が高ければ高いほど保険料は安くなりますので、初めての自動車保険でも保険料を大幅に安くすることが可能です。
詳細はこちらのコラムをご覧ください。
⇒自動車保険の等級は家族間で引き継ぎができる!

補償内容を見直す

補償内容を見直すことで保険料を抑えることもできます。ただし、補償範囲を限定することによって本当に保険が必要になった際に補償されないといったリスクが伴うため注意が必要です。保険料の安さだけではなく、自分にとって必要な補償を検討し、最適なプランを選ぶことが大切です。

まとめ

自動車に関連する保険のうち、自動車保険においては主に運転される方やお車の条件、保険会社によって保険料に違いがあります。初めて自動車保険に加入する場合、特に主に運転される方が若い場合は保険料が高くなる傾向にありますが、ご紹介したような方法で保険料を抑えることもできます。お車を運転するうえで、自動車保険への加入は欠かせないものです。まずは保険代理店やWebサイトを通じて見積もりを取得したうえで加入への準備を進めましょう。

監修:渡邊 裕砥

■監修:渡邊 裕砥

ファイナンシャルプランナー、心理カウンセラー。
株式会社エルティヴィー執行役員。保険会社や保険代理店向けのコンサルティングや保険のプロ向けの教育研修を中心に活動中。

あわせて読みたい

当ページは当社の自動車保険(&e(アンディー)を除く)の概要を説明しています。
また、保険開始日によって内容が異なる場合があります。
詳細は「自動車保険のしおり・約款」「重要事項説明書」「サービスの利用規約」をご覧ください。