To Be a Good Company

To Be a Good Company

  • 補償される運転者の範囲詳しく見る

    運転者限定特約

    補償される「運転者の範囲」を限定することで、保険料を節約できます。
    誰がお車を運転するかをご確認のうえ、「運転者限定特約」をお選びください。

    例えば…
    「自分と奥さましか運転しない」というケースは、「限定なし」ではなく、「夫婦限定」にすることで、保険料節約できます。

    [1]「運転者の範囲」限定なし:①主に運転される方(記名被保険者)、② ①の配偶者、①または②と同居している親族 別居の未婚の子、その他の方(友人・知人など) [2]「運転者の範囲」家族限定:①主に運転される方(記名被保険者)、② ①の配偶者、①または②と同居している親族 別居の未婚の子 [3]「運転者の範囲」夫婦限定:①主に運転される方(記名被保険者)、② ①の配偶者 [4]「運転者の範囲」本人限定:①主に運転される方(記名被保険者) [1]から順に保険料は安くなります[1]「運転者の範囲」限定なし:①主に運転される方(記名被保険者)、② ①の配偶者、①または②と同居している親族 別居の未婚の子、その他の方(友人・知人など) [2]「運転者の範囲」家族限定:①主に運転される方(記名被保険者)、② ①の配偶者、①または②と同居している親族 別居の未婚の子 [3]「運転者の範囲」夫婦限定:①主に運転される方(記名被保険者)、② ①の配偶者 [4]「運転者の範囲」本人限定:①主に運転される方(記名被保険者) [1]から順に保険料は安くなります
    • 「①」「②」「①または②と同居している親族」は、運転者年齢条件の範囲内で補償されます。
  • お車によるケガの補償詳しく見る

    人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険

    ご自分や同乗者のケガの補償には、「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」があります。
    お車によるケガの補償は、実際の損害額を補償する「人身傷害補償保険」を中心に考え、予算に応じて「搭乗者傷害保険」もお選びください。

    搭乗者傷害保険つけないことで保険料節約できます。

    人身傷害補償保険:ケガの治療や休業損害、精神的損害など実際の損害額をお支払い 搭乗者傷害保険:実際にかかった治療費などの費用に関係なく定額払でお支払い 「搭乗者傷害保険」をつけないことで保険料は安くなります人身傷害補償保険:ケガの治療や休業損害、精神的損害など実際の損害額をお支払い 搭乗者傷害保険:実際にかかった治療費などの費用に関係なく定額払でお支払い 「搭乗者傷害保険」をつけないことで保険料は安くなります

    人身傷害補償保険の補償範囲

    様々なリスクに備えた「人身傷害補償保険」と、補償範囲を限定した「搭乗中のみの人身傷害補償保険」の2タイプがあります。
    補償範囲の違いをご確認のうえ、予算に応じてお選びください。

    「搭乗中のみの人身傷害補償保険」にすることで保険料節約できます。

    「人身傷害補償保険」補償範囲:ご契約のお車に乗車中の事故でケガをした・ほかのお車に乗車中の事故でケガをした・歩行中などにお車との接触により、けがをした 「搭乗中のみの人身傷害補償保険」補償範囲:ご契約のお車に乗車中の事故でケガをした 「搭乗中のみの人身傷害補償保険」の方が保険料は安くなります「人身傷害補償保険」補償範囲:ご契約のお車に乗車中の事故でケガをした・ほかのお車に乗車中の事故でケガをした・歩行中などにお車との接触により、けがをした 「搭乗中のみの人身傷害補償保険」補償範囲:ご契約のお車に乗車中の事故でケガをした 「搭乗中のみの人身傷害補償保険」の方が保険料は安くなります
  • お車の補償詳しく見る

    車両保険のタイプ

    様々なリスクに備えた「車両保険」と補償範囲を限定した「エコノミー車両保険」の2タイプがあります。
    補償範囲の違いをご確認のうえ、予算に応じてお選びください。

    「エコノミー車両保険」にすることで保険料節約できます。

    「車両保険」補償範囲:お車との衝突、火災・台風・飛来中の物との衝突など、盗聴、単独事故、当て逃げ、転覆・墜落 「エコノミー車両保険」補償範囲:お車との衝突、火災・台風・飛来中の物との衝突など、盗聴 「エコノミー車両保険」の方が保険料は安くなります「車両保険」補償範囲:お車との衝突、火災・台風・飛来中の物との衝突など、盗聴、単独事故、当て逃げ、転覆・墜落 「エコノミー車両保険」補償範囲:お車との衝突、火災・台風・飛来中の物との衝突など、盗聴 「エコノミー車両保険」の方が保険料は安くなります

    車両保険の免責金額

    免責金額とは、事故により保険金を請求された際に、お客さまに自己負担していただく金額のことです。
    予算に応じて5つのパターンからお選びください。

    例えば、「0万円-10万円」を「5万円-10万円」へと免責金額上げることで、保険料節約できます。

    1回目の事故の免責金額−2回目以降の事故の免責金額、[パターン1]0万円−0万円 [パターン2]0万円−10万円 [パターン3]5万円−5万円 [パターン4]5万円−10万円 [パターン5]10万円−10万円 [パターン1]から順に保険料は安くなります1回目の事故の免責金額−2回目以降の事故の免責金額、[パターン1]0万円−0万円 [パターン2]0万円−10万円 [パターン3]5万円−5万円 [パターン4]5万円−10万円 [パターン5]10万円−10万円 [パターン1]から順に保険料は安くなります
  • (ご家族でお車を複数お持ちの場合)補償の重複詳しく見る

    「人身傷害補償保険」または「ファミリーバイク特約」は、同居のご家族内などでお車を複数お持ちの場合、補償が重複することがあります。
    補償内容確認重複なくすことで、保険料節約できます。

    人身傷害補償保険

    下図のケース(例1)は、歩行中の事故などで補償が重複します。
    2台目のお車の補償内容を「搭乗中のみの人身傷害補償保険」にすることで補償の重複がなくなり、保険料を節約できます。

    例1【1台目のお車】主に運転される方:ご契約者 補償内容:人身傷害補償保険 【2台目のお車】主に運転される方:ご契約者の配偶者 補償内容:人身傷害補償保険 歩行中の事故などで補償が重複! 【2台目のお車】補償内容:「搭乗中のみの人身傷害補償保険」に変更 重複がなくなり、保険料を節約できます例1【1台目のお車】主に運転される方:ご契約者 補償内容:人身傷害補償保険 【2台目のお車】主に運転される方:ご契約者の配偶者 補償内容:人身傷害補償保険 歩行中の事故などで補償が重複! 【2台目のお車】補償内容:「搭乗中のみの人身傷害補償保険」に変更 重複がなくなり、保険料を節約できます
    • 1台目のお車の自動車保険を解約したときや、同居から別居への変更により補償の対象となる方が変更になったときなどは、歩行中の事故などへの補償がなくなりますのでご注意ください。

    ファミリーバイク特約

    下図のケース(例2)は、原動機付自転車を運転中の事故などで補償が重複します。
    2台目のお車の補償内容を「ファミリーバイク特約なし」にすることで補償の重複がなくなり、保険料を節約できます。

    例2【1台目のお車】主に運転される方:ご契約者 補償内容:ファミリーバイク特約あり 【2台目のお車】主に運転される方:ご契約者の配偶者 補償内容:ファミリーバイク特約あり 原動機付自転車を運転中の事故などで補償が重複! 【2台目のお車】補償内容:「ファミリーバイク特約なし」に変更 重複がなくなり、保険料を節約できます例2【1台目のお車】主に運転される方:ご契約者 補償内容:ファミリーバイク特約あり 【2台目のお車】主に運転される方:ご契約者の配偶者 補償内容:ファミリーバイク特約あり 原動機付自転車を運転中の事故などで補償が重複! 【2台目のお車】補償内容:「ファミリーバイク特約なし」に変更 重複がなくなり、保険料を節約できます
    • 1台目のお車の自動車保険を解約したときや、同居から別居への変更により補償の対象となる方が変更になったときなどは、原動機付自転車を運転中の事故などへの補償がなくなりますのでご注意ください。
  • ワンポイントアドバイス相手方への補償詳しく見る

    対人賠償責任保険・対物賠償責任保険は、節約せずに「無制限」がおすすめ

    他人を死傷させた場合では、裁判で高額な賠償額が認定されることがあります。
    そんな場合でもお客さまにご安心いただけるよう、イーデザイン損保では対人賠償責任保険はすべて「無制限」に設定しています。
    対物賠償責任保険についても、相手の車や信号機、店舗などのモノに損害を与えた場合、高額な賠償額になる可能性がありますので、節約せずに「無制限」に設定されることをおすすめします。

    [ご参考]対人賠償事故の高額賠償判決例 認定総損害額:5億2,853万円、裁判所:横浜地裁、判決年:平成23年、被害者性別年齢:男41歳、被害者職業:眼科開業医、態様:死亡 [ご参考]対物賠償事故の高額賠償判決例 認定総損害額:2億6,135万円、裁判所:神戸地裁、判決年:平成6年、被害物件:積荷(呉服・洋服・毛皮) 出典:損害保険料率算出機構「2017年度 自動車保険の概況」[ご参考]対人賠償事故の高額賠償判決例 認定総損害額:5億2,853万円、裁判所:横浜地裁、判決年:平成23年、被害者性別年齢:男41歳、被害者職業:眼科開業医、態様:死亡 [ご参考]対物賠償事故の高額賠償判決例 認定総損害額:2億6,135万円、裁判所:神戸地裁、判決年:平成6年、被害物件:積荷(呉服・洋服・毛皮) 出典:損害保険料率算出機構「2017年度 自動車保険の概況」

さらに更新時には…

イーデザイン損保だからできる、おトクで合理的な割引制度
業界唯一「無事故割引」+「継続割引」で最大5.0%割引

無事故の方はおトク 長く続けるほどさらにおトク 割引率がどんどんアップ 当社で1年間無事故の場合翌年適用します! ※ダイレクト自動車保険において業界唯一(2018年5月当社調べ)

お客さまの声にお応えし“無事故の方”“長くご契約いただく方”にも
ご満足いただけるよう「無事故割引」「継続割引」をご用意しています。

お見積もりをすると「節約ポイント」を加味した保険料がわかります!

  • 加入をご検討中の方
    0120-098-035

    平日 9:30〜20:00 土・日・祝日 9:30〜18:00
    (年末年始を除く)

  • ご契約者の方
    0120-098-040

    平日 9:30〜20:00 土・日・祝日 9:30〜18:00
    (年末年始を除く)

当ページは自動車保険の概要・補償イメージを説明しています。
保険金のお支払い条件、その他の詳しい内容は「自動車保険のしおり・約款」「重要事項説明書」をご覧ください。