仕事紹介

事故対応サービス担当 お客さまのご意向を確認しながら対応を進め、事故を解決へと導きます

仕事紹介

万が一の事故にあわれたお客さまの立場に立って、不安を払拭し安心へ変えていく、大変やりがいのある仕事です。1件の事故につき1人の専任担当者、「事故解決のプロフェッショナル」として、各分野の専門スタッフと連携し、全てのお客さまに「安心」と「満足」をお届けします。
具体的には、事故を解決に導くため、お客さまへの初期対応、損害状況の確認、修理工場・医療機関などとの連携、相手側との示談交渉、保険金のお支払いといった各種対応を行います。また、それぞれのプロセスでお電話に加え、メールなどのネットコミュニケーションも積極的に活用して、お客さまと密なコンタクトを取ります。

仕事のやりがい

事故対応サービスは、お客さまにとってご加入された保険がかたちになる場面であり、私たちとお客さまとの間で真の信頼が築かれる場面でもあります。通販ダイレクト系損保においてはお客さまとの接点において事故対応サービスが果たす役割が大きく、特に「1事故1担当者制」を採用している当社では、一人ひとりの専任担当者の対応がお客さまの評価に大きく影響します。そういった意味で事故対応サービスは、会社の顔となる重要な存在です。

求める人材は

当社が採用において重視しているのは「お客さまの視点に立ち、寄り添えるかどうか」です。その上で事故対応サービスには、ロジカルでかつ、わかりやすく説明する対人対応力、プロフェッショナルとしての損害保険や法律の専門知識、粘り強さ・交渉力など、様々な能力やスキルが求められます。

職場の雰囲気は

肩書きに関係なく意見が言える風通しのよさが自慢です。自分が会社を支えているという手応えをダイレクトに感じられます。たとえ未経験でも「困っている人の支えになりたい」という強い意志があれば大きなやりがいとともに成長していける環境です。実際、損保業界以外からの転職者が多く、産前・産後休暇や育児休暇などを利用して第一線で活躍を続ける女性社員も増えています。また随時、経験豊富なスタッフによる研修・勉強会も行われており、自ら学ぼうとする方には十分な環境が整っています。

メッセージ

顧客満足度ランキング1位を目標に、社員一人ひとりが自社のサービス品質に対して向上意欲を持っています。サービスの品質を少しでも上げられるよう、つねに仲間同士で活発にコミュニケーションをとり、お客さまの声をマーケティングや経営などの他部署とも共有しています。また「1事故1担当者制」によって初期対応から保険金のお支払いまで幅広い業務領域を経験できるため、「事故解決のプロフェッショナル」へと成長できます。高い成長意欲を持って仕事に取り組みたい方に最適な環境ではないでしょうか。

ある1日の仕事の流れ

8:55 朝礼。各自、連絡事項等を共有する。
9:00 システムのToDo機能で、今日やるべき業務を確認する。
お客さまから来ているメールをチェックする。
9:30 現在対応中の事故について、修理工場・医療機関に連絡、相手側との示談交渉を行う。
その後、対応状況をお客さまにお電話やメールでご報告。
お客さまのご不安を払拭し、今後の対応の進め方についてお客さまと適宜打ち合わせを行う。
12:30 お昼。早番・遅番に分かれ、休憩スペースやカフェテリアで皆で話しながら食べる。
お昼時間を利用して、自主勉強会などを行うときもある。
13:30 事故受付センターから新規事故の連絡。迅速な初期対応を行う。
15:00 サービス品質向上のため、サービスセンター内の有志チームで今後の取り組み内容を論議。適宜マーケティングや経営とも連携する。
16:00 午前に引き続き、修理工場・医療機関への連絡、示談交渉、対応状況の報告を行う。
18:30 退社

ページトップへ戻る