ページ内を移動するためのリンクです

To Be a Good Company

イーデザイン損保 東京海上グループ

事故受付センター事故のご連絡

ロードサービス故障などのご連絡

お車の補償車両保険オプションでつけられます

ご契約されているお車が事故で壊れたり、盗難にあった場合に修理費などを補償します。

このような場合に補償します

例えば
ご契約されているお車が…

  • 車同士の事故で壊れた
  • 電柱に衝突して傷ついた(※1)
  • 盗難にあった
  • 落書き・いたずらされた
  • 当て逃げされた(※1)
  1. 1車両保険あり(エコノミー)をご選択の場合は、補償の対象外となります。
  • 地震・噴火またはこれらによる津波によって生じた損害は、補償の対象外となります。
  • お支払いする主な保険金
  • 補償の対象となる方
  • 保険金をお支払いできない主な場合はこちら

補償内容の選び方

1.補償の範囲

  • 「車両保険あり」「車両保険あり(エコノミー)」の2種類があります。
  • 「車両保険あり(エコノミー)」は、補償の範囲が限定されますが、保険料は安くなります。

ご自身のカーライフや予算によってお選びください。

補償の範囲の違い

「車両保険あり」の場合、お車との衝突(※2)、火災・台風・飛来中の物との衝突など、盗難(※3)、単独事故、当て逃げ、転覆・墜落 「車両保険あり(エコノミー)」の場合、お車との衝突(※2)、火災・台風・飛来中の物との衝突など、盗難(※3)
  1. 2車両保険あり(エコノミー)では相手方のお車の登録番号およびその運転者または所有者が確認できた場合に限り補償されます。
  2. 3一部の型式のお車については車両盗難不担保特約が付帯され、盗難による損害は補償されません。

ご参考他社の自動車保険との名称の違い

当社 他社
車両保険あり 一般条件、一般車両、一般型、ワイドカバー など
車両保険あり(エコノミー) 車対車+A、車対車・限定危険、限定カバー など
  • 上記は参考となります。保険商品の詳しい内容は、各社の契約概要などで必ずご確認ください。

2.免責金額(自己負担額)

  • 免責金額とは、事故により保険金を請求された際に、お客さまに自己負担していただく金額のことです。
  • 5つのパターンからお選びいただけます。
    免責金額を高額にするほど、保険料は安くなります。

ご自身のカーライフや予算によってお選びください。

免責金額(自己負担額)
(注)お車が全損の場合は適用されず、自己負担額は発生しません。

みんなはどうしてる?

当社契約者のうち約7割の方が車両保険をつけています。

車両保険付帯率

あり56% あり(エコノミー)18% なし26%
(2015年度当社契約者データより)

当社社員からのアドバイス

事故対応担当者

「追突をされてしまった」など一部のケースを除き、走行中の交通事故では一般的に双方に責任割合(過失割合)が生じてしまいます。
お客さまの責任割合が1割であったとしても、事故の際のお車の修理費が100万円であった場合にはご負担額は10万円となります。これは決して小さい額ではありません。
このような「万が一」の場合に備え、車両保険をお付けいただくことをおすすめします。

こんな特約もおすすめです。

車両新価保険特約
車両事故により、新車に大きな損害が生じた場合に、新車などの再購入費用を補償します。
車載身の回り品補償特約
車両事故により、ご契約のお車の室内などに積載された身の回り品に生じた損害を補償します。
車両全損時諸費用特約
車両事故により、お車が全損となった場合の臨時費用を補償します。
事故時レンタカー費用特約
車両事故により、お車が修理などで使用できない場合のレンタカー費用を補償します。

当ページは自動車保険の概要を説明しています。保険金のお支払い条件、ご契約手続き、その他の詳しい内容は「自動車保険のしおり・約款」「重要事項説明書」をご覧ください。なお、内容に関するお問い合わせ、ご相談につきましては、弊社お客さまサポートセンターまでお気軽にお問い合わせください。

電話でのお見積もり・お問い合わせ
0120-098-035

平日:9:30〜20:00 
土・日・祝日:9:30〜18:00(年末年始を除く)