ページ内を移動するためのリンクです

To Be a Good Company

イーデザイン損保 東京海上グループ

事故受付センター事故のご連絡

ロードサービス故障などのご連絡

自動付帯の補償弁護士費用等補償保険

相手方との交渉がすすまないので弁護士に相談・依頼したい。
というとき、弁護士費用等補償保険で補償します。

お客さまに責任が全くない「もらい事故」などでは、保険会社がお客さまに代わって相手方と交渉をすることができません。
イーデザイン損保の自動車保険なら、弁護士費用等補償保険がすべてのご契約についているので安心です。

相手方のいる事故の3件に1件が「もらい事故」

信号待ちで停車中に追突されるなど、お客さまに責任が全くない「もらい事故」は、相手方のいる自動車事故のうち約3件に1件の割合で発生し、全国で年間約200万人以上の方が巻き込まれています(東京海上日動の2014年度事故統計等から推計)。

補償のポイント

POINT相手方との交渉で必要となる弁護士費用などを補償

お客さまに責任のない事故などにより、補償の対象となる方が死傷されたり、物を壊されたりした場合に、必要となる弁護士費用や訴訟費用などに対して保険金をお支払いします。

  • ただし、弁護士などへ委任するときや費用を支払うときは、あらかじめ弊社の同意が必要となります。

例えば、こんなときにお役に立ちます。

  • 相手に後ろから追突された。
  • 相手が交差点で赤信号を無視してきて、衝突した。
  • 相手がセンターラインを完全に越えていて、衝突した。
  • 駐車場に止めた車に相手がぶつかってきた。
  • 相手が過失割合に応じた賠償金を支払ってくれない。

お支払いする主な保険金

弁護士費用保険金・法律相談費用保険金

弁護士などへ支払った訴訟費用、仲裁、和解、もしくは調停に要した費用、相談費用など

1名につき
300万円限度

  • 保険開始日が平成27年10月1日以降のご契約については、約款に定める上限額の規定に従い、お支払いします。

補償の対象となる方(被保険者)

  1. 1主に運転される方(記名被保険者)
  2. 21の配偶者(内縁を含みます。)
  3. 31または2と同居している親族
  4. 41または2と別居している未婚の子
  5. 51〜4以外の方で、ご契約されているお車に乗車中の方
  6. 61〜5以外の方で、1〜4の方が運転中(駐車中、停車中を除きます。)のご契約されているお車以外の自動車の所有者とその自動車に乗車中の方(自動車検査証に事業用と記載されている自動車、および1〜4の使用者の業務のために運転中のその使用者が所有している自動車を除きます。)
  7. 71〜6以外のご契約されているお車の所有者(ご契約されているお車の所有、使用または管理に起因する事故の場合に限ります。)

ただし、業務受託中の自動車修理業者などの方や極めて異常、かつ危険な方法で乗車中の方は、補償の対象となる方に含まれません。

ご注意

ご契約されているお車の事故に限らず、ご家族(上記1〜4)の自動車事故も補償されます。

保険金をお支払いできない主な場合

  • 無免許運転、酒気帯び運転などによってその本人に生じた損害
  • 地震、噴火、津波によって生じた損害
  • 次のいずれかの方が賠償義務者となったときの損害
    1. 1主に運転される方(記名被保険者)
    2. 2主に運転される方の配偶者
    3. 3主に運転される方(または配偶者)と同居している親族
    4. 4主に運転される方(または配偶者)と別居している未婚の子
    5. 5補償の対象となる方の父母、配偶者、または子

当ページは自動車保険の概要を説明しています。保険金のお支払い条件、ご契約手続き、その他の詳しい内容は「自動車保険のしおり・約款」「重要事項説明書」をご覧ください。なお、内容に関するお問い合わせ、ご相談につきましては、弊社お客さまサポートセンターまでお気軽にお問い合わせください。

関連する自動車保険プラン

電話でのお見積もり・お問い合わせ
0120-098-035

平日:9:30〜20:00 
土・日・祝日:9:30〜18:00(年末年始を除く)