ページ内を移動するためのリンクです

To Be a Good Company

事故受付センター
事故のご連絡

ロードサービス
故障などのご連絡

その他の補償

お客さまのご希望に合わせてつけられる特約

自転車にもお乗りになるお客さまにおすすめ

個人賠償責任特約

日常生活の事故により、他人を死傷させたり他人の財物を壊したりした場合に補償します。

お客さまからいただいたご意見・ご要望にお応えして、個人賠償責任特約の販売を開始します。保険開始日が2019年10月1日以降のご契約につけることができます。

例えばこんな場合に補償します

  • 自転車で
    他人にケガをさせた
  • 子どもがお店で
    商品を壊した
  • 自宅の水漏れでマンションの
    下の階を水浸しにした
  • 飼い犬が他人を
    噛んでケガをさせた
  • 子どもがおもちゃで
    友だちにケガをさせた
  • 自分が打ったゴルフボールで
    他人にケガをさせた

個人賠償責任特約が
ついていると…

相手方の治療費や他人の財物の修理費などに対して保険金(1億円限度)をお支払いします

示談交渉も、任せられるので安心です

事故が起きたときに、当事者同士で問題をすべて解決することは難しいものです。
イーデザイン損保では、お客さまに代わって、専任担当者が相手方と示談交渉し、責任をもって解決にあたりますので、ご安心ください。なお、過失割合・損害額について相手方との意見の相違がある場合は、弁護士が対応するなど、解決まで全面的にサポートします。

  • 次のような場合は、当社がお客さまに代わって示談交渉することができません。
    • 補償の対象となる方(被保険者)に過失がない場合
    • 当社との交渉について、相手方の同意が得られない場合
    • 賠償責任の額が、保険金額を明らかに超えている場合 など

自転車事故の補償って必要?

自転車事故では、裁判で高額な損害額が認定されるケースがあります。

ご参考自転車事故の高額賠償判決例

判決認容額 事故の概要 裁判所 判決年
9,521万円 男子小学生(11歳)が夜間、帰宅途中に自転車で走行中、歩道と車道の区別のない道路において歩行中の女性(62歳)と正面衝突。女性は頭蓋骨骨折等の傷害を負い、意識が戻らない状態となった。 神戸地裁 平成25年
9,266万円 男子高校生が昼間、自転車横断帯のかなり手前の歩道から車道を斜めに横断し、対向車線を自転車で直進してきた男性会社員(24歳)と衝突。男性会社員に重大な障害(言語機能の喪失等)が残った。 東京地裁 平成20年
6,779万円 男性が夕方、ペットボトルを片手に下り坂をスピードを落とさず走行し交差点に進入、横断歩道を横断中の女性(38歳)と衝突。女性は脳挫傷等で3日後に死亡した。 東京地裁 平成15年
  • 判決認容額とは、上記裁判における判決文で加害者が支払いを命じられた金額です(金額は概算額)。
    上記裁判後の上訴等により、加害者が実際に支払う金額とは異なる可能性があります。

出典:一般社団法人日本損害保険協会「自転車事故と保険」

高額な損害賠償をしなければならないケースも多いことから、自転車保険等の加入を義務化している自治体も増えてきています。

ご参考自転車保険等の加入を義務化している自治体(2018年12月現在)

出典:国土交通省 自転車活用推進本部

補償の詳細

自動車事故以外の日常生活の事故により、補償の対象となる方が他人を死傷させ、または他人の財物に損害を与え、法律上の賠償責任を負う場合に、保険金をお支払いします。

  • 日本国内の事故が対象です。

ご家族でお車を複数お持ちの方へ

補償内容が同様の保険契約が他にある場合、補償が重複し、お支払いいただく保険料が無駄になることがあります。
補償内容を見直すことで保険料を安くできる可能性がありますので、必ずこちらをご確認ください。

お支払いする主な保険金

個人賠償保険金

1事故につき
1億円限度

過失割合に応じて保険金をお支払いします。

補償の対象となる方(被保険者)

  1. 1主に運転される方(記名被保険者)
  2. 21の配偶者
  3. 31または2と同居している親族
  4. 41または2と別居している未婚の子
  5. 51に関する事故で、1が未成年者または責任無能力者である場合
    • 1の親権者
    • 1の親権者以外の法定の監督義務者
    • 1の親族のうち監督義務者に代わって1を監督する方
  6. 62〜4に関する事故で、2〜4が責任無能力者である場合
    • 2〜4の親権者
    • 2〜4の親権者以外の法定の監督義務者
    • 2〜4の親族のうち監督義務者に代わって2〜4を監督する方

保険金をお支払いできない主な場合

  • 地震、噴火、津波によって生じた損害
  • 当社以外の方との約定によって、加重された賠償責任を負担することによって生じた損害
  • 補償の対象となる方の職務遂行を直接の原因とする賠償責任を負担することによって生じた損害
  • 補償の対象となる方や、補償の対象となる方と同居している親族に対する賠償責任を負担することによって生じた損害
  • 補償の対象となる方が他人から借りるなどして所有・使用または管理していた財物を損壊し、その貸主などに対する賠償責任を負担することによって生じた損害

よくあるご質問

個人賠償責任特約を使うと等級は下がりますか?

いいえ、個人賠償責任特約にかかわる事故の保険金のみを請求した場合、翌年の等級は下がりません。
等級・事故有係数適用期間の決定にあたり、事故件数に数えない事故として取り扱います。

個人賠償責任特約は保険期間の途中で付帯できますか?

いいえ、個人賠償責任特約は、保険期間の途中で付帯することはできません。
新規加入時または更新時に付帯することができます。

当ページは自動車保険の概要を説明しています。保険金のお支払い条件、ご契約手続き、その他の詳しい内容は「自動車保険のしおり・約款」「重要事項説明書」をご覧ください。なお、内容に関するお問い合わせ、ご相談につきましては、当社お客さまサポートセンターまでお気軽にお問い合わせください。

関連する自動車保険プラン

電話でのお見積もり・お問い合わせ
0120-098-035

平日:9:30〜20:00 
土・日・祝日:9:30〜18:00(年末年始を除く)