To Be a Good Company

事故受付センター
事故のご連絡

ロードサービス
故障などのご連絡

保険料について型式別料率クラス制度

型式別料率クラス制度は、お車の型式(※1)ごとの過去の事故データに基づいて、保険料を算出する制度です。

  1. 1自動車の車名やエンジンの種類などを区別するための記号です。例えば「AA99」といったアルファベットや数字の組み合わせによる記号で、車検証の「型式」欄などに記載されています。

料率クラスとは

料率クラスは、過去の事故データに基づき、お車の型式ごとに決定される区分です。「対人賠償」「対物賠償」「傷害(搭乗者傷害・人身傷害)」「車両」それぞれに決定されます。
なお、料率クラスは損害保険料率算出機構が算出しており、多くの保険会社で採用されています。

対象となる用途・車種

保有台数が多く、お車ごとの特性が多様化している自家用普通乗用車、自家用小型乗用車および自家用軽四輪乗用車(※2)が対象です。

  1. 2保険開始日が2019年12月31日以前のご契約の場合、自家用軽四輪乗用車は対象外です。

対象

自家用普通乗用車

自家用小型乗用車

自家用軽四輪乗用車
(保険開始日が2020年1月1日以降のご契約の場合)

対象外

自家用普通貨物車
(最大積載量0.5トン超2トン以下)

自家用軽四輪貨物車

特種用途自動車
(キャンピング車)

など

自家用普通乗用車、自家用小型乗用車

1〜17の料率クラス(※3)に区分され、この数字が大きくなるにつれて保険料が高くなり、小さくなるにつれて保険料が安くなります。

  1. 3保険開始日が2019年12月31日以前のご契約の場合、1〜9の料率クラスに区分されます。

自家用軽四輪乗用車

1〜3の料率クラス(※4)に区分され、この数字が大きくなるにつれて保険料が高くなり、小さくなるにつれて保険料が安くなります。

  1. 4保険開始日が2019年12月31日以前のご契約の場合、料率クラスはありません。

料率クラスの見直し

料率クラスは、お車の型式ごとの過去の事故データに基づいて1年に一度見直され、毎年のご契約に適用されます。
このため、お車を変更していなくても、料率クラスが上がることにより、更新契約で保険料が高くなる場合があります。

ランキングでの評価

おかげさまで多くのランキングにおいて高い評価をいただいております。
これからも、より多くのお客さまにご満足いただけるよう、お客さま一人ひとりが『快適であること・納得できること・安心できること』をめざして、商品・サービスの向上に努めてまいります。

専門家が選んだ
自動車保険ランキング

6年連続第1位

評価ポイント

  • 20等級の人も、1年間事故がなかった場合保険料が割引に
  • 弁護士費用等補償保険が自動付帯
  • 事故時セコムの緊急対処員がかけつけてくれる安心感

「よい保険・悪い保険 得する見直し編」 ©宝島社(2019年8月発刊)

当ページは自動車保険の概要を説明しています。また、保険開始日によって内容が異なる場合があります。保険金のお支払い条件、ご契約手続き、その他の詳しい内容は「自動車保険のしおり・約款」「重要事項説明書」をご覧ください。なお、内容に関するお問い合わせ、ご相談につきましては、当社お客さまサポートセンターまでお気軽にお問い合わせください。

保険開始日によって内容が異なる場合があります。
詳細は「自動車保険のしおり・約款」「重要事項説明書」をご覧ください。

電話でのお見積もり・お問い合わせ
0120-098-035

受付時間:9:30〜18:00(年末年始を除く)